転職の履歴書写真の重要性とは?
基本マナーや好印象を与えるポイントを解説!

転職

転職活動において非常に重要となる履歴書は、あなた自身を知ってもらう入口のような役割をしています。履歴書1枚であなたの第一印象が決まると言っても過言ではありません。

その中でも重要な要素となるのが、履歴書の写真です。履歴書を見た採用担当者に少しでも好印象を与えるためにも、ルールやマナーを遵守した写真を準備する必要があります。

本記事では、転職の履歴書においての写真の重要性や基本マナー、好印象を与えるための写真のポイントについて解説します。

転職の履歴書においての写真の重要性

履歴書に乗っている写真は、カラーで応募者の顔が映っているため、非常に目を引きやすいものになっています。実際に面接で採用担当者と顔を合わせる前に自分の印象を良くしておくためには、この写真が非常に重要となってきます。まずは、転職の履歴書においての写真の重要性について解説します。

第一印象に大きな影響を与える

履歴書の写真は第一印象に大きな影響を与えます。第一印象は仕事において、とても大きな要素を占めます。どんなに良い自己PRや志望動機を書いていたとしても、写真が暗い表情をしていたり、とても悲しそうな雰囲気を出していたりすると、採用担当者はマイナスのイメージを持ってしまうでしょう。せっかく良い自己PRや志望動機を持っているのに、写真でマイナスのイメージを持たれてしまい、書類選考にすら通らなかったといったことは少なくありません。

また、応募している業種によっては、営業職や接客業などお客様からの第一印象が非常に重要な仕事もあります。好印象を与えられる写真を準備することで、採用担当者から「お客様の前でも良い印象を与えられそう」と判断してもらうことができ、面接前に良いイメージを与えることができます。

マナーやルールを守れているかチェックする

採用担当者は履歴書の写真を確認することで、マナーやルールを守れる人材かということもチェックしています。

例えば、転職の履歴書の写真にだらしない普段着で撮った写真を貼り付けていたら、「ルールを守れないだらしない人」という印象を与えてしまうかもしれません。これは極端な例でしたが、このように採用担当者は、写真から「仕事上でもマナーやルールを守れる人か」などを読み取ろうとしています。

特に転職しようとしている人は少なからず社会人経験があることが一般的なので、「社会人としてマナーが身について当然」という前提で評価されることがほとんどです。そのため、マナーが悪かったり、細かな部分でだらしない部分があったりすると、採用担当者からの印象はマイナスになってしまう可能性が高くなるので注意しましょう。

履歴書に貼る写真の基本マナー

履歴書に貼る写真は、基本的なルールやマナーをおさえているものを使用する必要があります。以下のポイントをおさえて写真を準備するようにしましょう。

  • サイズは「縦4cm×横3cm」
  • 3ヶ月以内に撮影した写真を使用
  • 背景色は白・青・グレー
  • 写真の裏に名前と撮影日を記載しておく

サイズは「縦4.0cm×横3.0cm」

履歴書に貼る写真のサイズは、「縦4.0cm×横3.0cm」が一般的です。履歴書には写真の貼り付け枠があり、そこに写真のサイズが記載されているので守るようにしましょう。
履歴書以外に証明写真を利用するタイミングとしては、運転免許証とパスポートがありますが、履歴書に利用するものとはサイズが異なります。

  • 履歴書サイズ:縦4.0cm×横3.0cm
  • 運転免許証サイズ:縦3.0cm×横2.4cm
  • パスポートサイズ:縦4.5cm×横3.5cm

誤って他のサイズの写真を履歴書に貼ってしまう人もいますが、通常より写真が大きかったり小さかったりすると、面接前からあまり良い印象を与えません。必ず枠にあったサイズの写真を提出するように心がけましょう。

3ヶ月以内に撮影した写真を使用

履歴書に貼る写真が無いからといって、数年前に撮影した証明写真を使用するのはやめておきましょう。履歴書の写真は、転職活動を開始する少し前に撮るのがベストです。髪型や顔の印象、体系などが大きく変わらない3ヶ月以内に撮影したものを使用するのを推奨します。ただし、3ヶ月以内に撮影したものであっても、髪型や体型が変わった場合はもう一度撮影し直すのがビジネスマナーです。

背景色は白・青・グレー

履歴書の写真は無地の背景をバックに、余計なものが移り込まないように注意しましょう。背景色は、白・青・グレーが基本となります。

白:明るくフレッシュな印象に仕上がる
青:表情が分かりやすく写り、爽やかな印象
グレー:顔つきがくっきりとし、落ち着いた印象

迷った際は白を選ぶのがおすすめです。証明写真の背景色として一番ベーシックな色で、明るい印象を与えることができます。

写真の裏に名前と撮影日を記載しておく

証明写真を撮影し履歴書に使用する際には、証明写真の裏に自分の名前と撮影日を記載しておきましょう。万が一、履歴書から写真が剥がれたとしても、誰のものなのかが一目で分かるようにするためです。記載するときは、黒色かつ細めの油性マジックを使用しましょう。

絶対に名前と撮影日を書かないといけないわけではないですが、念のために記載しておくことをおすすめします。

好印象を与えるための写真のポイント

履歴書に貼る写真は、基本的なルールやマナーをおさえているものを使用する必要がありますが、好印象を与えるためには撮影の時にポイントをおさえておく必要があります。細かなことではありますが、ポイントをおさえておくことで採用担当者が受ける印象は大きく変わり、面接が有利に進められる可能性もあります。

服装

男性の場合

男性が履歴書の写真を撮影するときには、以下のポイントをおさえておきましょう。

  • スーツの色は黒や紺が推奨
  • Yシャツは白で無地のもの
  • Yシャツのボタンを一番上まで留める
  • ネクタイの色は華美なものを避け、シンプルなものを選ぶ
  • ネクタイやシャツの中心線をきちんとそろえる
  • ネクタイの歪みに注意して、整っているかを確認する
女性の場合

女性が履歴書の写真を撮影するときには、以下のポイントをおさえておきましょう。

  • スーツの色は黒や紺が推奨
  • 白のブラウスもしくは白のカットソー
  • ブラウス・カットソーは胸元が開きすぎないものを選ぶ
  • ピアスなどのアクセサリーは前もって外しておく

髪型

男性の場合

髪型は清潔感のある印象を与えるように意識しましょう。

前髪は顔が隠れないように、眉毛の上までカットするようにしましょう。耳やこめかみも隠れないように、髪全体を短くカットすることをおすすめします。顔が隠れてしまっていると、写真を見た採用担当者に暗いイメージを与えてしまう恐れがあります。自分の表情がはっきりとわかる長さまでカットするようにしましょう。

また、髪型とはまた別ですが、男性はひげの処理にも注意しましょう。そり残しが無いように、あごや口周り、鼻の下はもちろん、顎の下までしっかりとチェックするようにしましょう。

女性の場合

女性も前髪で顔が隠れないように、ヘアピンで留めたり流したりするなど、清潔感があるように工夫しましょう。髪が長い方は髪をまとめたり、ポニーテールにしたりなど、顔がはっきり見えるようにしておくことをおすすめします。眉毛と耳が見えるようにするとなお良いでしょう。髪をまとめるときはヘアアクセサリーは使わず、ヘアゴムでまとめるようにしましょう。

表情

表情はリラックスした表情で写真を取るようにしましょう。こわばった表情や緊張した表情では、良い印象を採用担当者に与えることができません。気持ちを落ち着かせて、自然な表情で写真を撮影するようにしましょう。

表情で気をつけるべきポイントは、歯を見せない程度に口角を上げることです。写真撮影をする前に、表情筋を動かして自然な表情を作れるようにしておくと良いでしょう。履歴書を見た採用担当者に、明るく柔らかい印象を与えることができます。

姿勢

姿勢は、背筋を伸ばして、軽く胸を張るようにしましょう。姿勢が良いと表情も明るくなったり、自信があるように見えたりするので、採用担当者にも良い印象を与えることができます。ただし、力が入りすぎると険しい表情になってしまう恐れがあるので、程よく力を抜いて、リラックスしましょう。また、顎だけではなく首自体を少し後ろに引くことでより美しい姿勢となります。

撮影方法は何を選べばよいか?

履歴書の写真は、以下の撮影方法があります。

  • 写真館で撮影
  • スピード写真で撮影
  • 自撮り

お金や時間が許すのであれば、写真館でプロに撮影してもらうのがおすすめです。写真館での撮影であれば、専門の背景や機材を使用して、好印象を与えられる写真を撮影することが可能です。また、プリントアウト時には、写真のレタッチ、加工などをしてもらえる写真館もあります。

どうしても写真館に行く時間がない場合などは、スピード写真でも問題はありません。駅や商業施設などに設置された証明写真機を利用して、短時間で安く撮影することができます。写真館に比べるとカメラや照明の性能は低くなるため写真のクオリティも下がりますが、履歴書に使用するには問題ないレベルの写真を撮影することができます。

自撮り写真を履歴書の写真に利用するのはあまりおすすめできません。金額も安く済み、何度でも撮り直しができるというメリットがありますが、写真館やスピード写真に比べるとクオリティは格段に下がってしまうでしょう。クオリティの低さから、採用担当者に手抜きをしていると思われてしまい、「転職の意欲が低い」といった印象を受けてしまう恐れがありますので注意してください。

まとめ

本記事では、転職の履歴書においての写真の重要性や基本マナー、好印象を与えるための写真のポイントについて解説しました。ルールやマナーを遵守した写真やポイントをおさえた写真を準備することは、履歴書を見た採用担当者に好印象を与えることに繋がります。このルールやマナー、ポイントを疎かにしてしまうと、書類選考の時点で採用を見送られてしまい、面接にすら進めない可能性も考えられます。手を抜くことは避け、最大限あなたの魅力が伝わるような写真を準備しましょう。

無料転職相談
公式LINEにて非公開求人配信中!