出戻り転職ってあり?
成功する人と失敗する人の違いを徹底解説!

転職

転職に失敗したと感じて後悔した場合、再度転職活動に取り組むのかそのまま働き続けてみるのか、さまざまな選択肢があります。

その中で、一度退職した会社に再び戻ることを「出戻り転職」といい、近年そうする人や採用する企業も増えているのです。

しかし、出戻り転職にはメリットもありますが、デメリットや注意点も存在するため詳しく紹介します。

成功しやすい人と失敗しやすい人、それぞれの特徴も解説するので、転職に失敗して出戻り転職を検討している人はぜひ最後まで読んでみてください。

出戻り転職は恥ずかしい?増加傾向の社会的背景

出戻り転職とは、一度退職した会社に再転職することです。他の会社に転職したけれど失敗したと感じたり、独立したけれど事業が軌道に乗らなかったりしたときに「前の会社に戻りたい…」と感じる人もいるのではないでしょうか?

転職3兄弟
転職3兄弟

一度辞めた会社に戻るのは恥ずかしい…

このように、不安を感じる人もきっと多いですよね。

近年、出戻り社員を積極的に採用する企業も増えており、出戻り転職は増加傾向にあります

背景としては、労働人口が減少していることによる人手不足がまず挙げられます。少子高齢化によって人手不足が進み、新たな人材を確保することが難しく採用に苦戦している企業も少なくありません。

そこで、元々いた社員であれば人となりもわかっているためミスマッチも防げますし、即戦力になり得る人材のため、採用コストや育成コストも抑えられるというメリットが企業側にはあります。

転職3兄弟
転職3兄弟

もちろんメリット・デメリットはあるけれど、出戻り転職が決して恥ずかしいものではないから安心してね!

出戻り転職する4つのメリットとは?

出戻り転職にはメリットがあります。それぞれ詳しく見ていきましょう。

  • 即戦力として貢献できる
  • 転職活動が長引くことなく負担が減る
  • 社風や人間関係においてミスマッチが起きにくい
  • 他社での実績・スキルを活かせる

①即戦力として貢献できる

在籍していた職場に出戻り転職し、同じ部署や同じ業務に当てられた場合即戦力として活躍できる可能性が高くなります。

企業側にとって即戦力となる人材が働いてくれるのは心強いですし、短期間で業務に慣れ、成果を出しやすい環境で働けるのは転職者にとっても大きなメリットです。

在籍していた頃の経験やスキルを活かして、会社に貢献しましょう。

②転職活動が長引くことなく負担が減る

転職活動は、平均3ヶ月〜半年ほどかかるといわれています。難航すればさらに長引き、心身ともに疲弊してしまうケースもよくあります。

しかし、出戻り転職の場合はすでにスキルや人柄などを企業側が理解しているため、採用までのステップが短縮される可能性が高いのです。
そうなると、転職活動が短期間で済むので負担も軽減できますね。

転職3兄弟
転職3兄弟

企業側も採用にかかる時間とコストを削減できるから、双方にメリットがあるのだ!

③社風や人間関係においてミスマッチが起きにくい

転職活動において企業研究は非常に重要ですが、HPを見たり面接などで話を聞いたりしても、ミスマッチを完全に避けることは簡単ではありません。

「実際に働いてみたら社風が合わなかった」「人間関係が良くなくて居心地が悪かった」など、入社後に気付くミスマッチはよくあるケースです。

しかし、以前働いていた会社への出戻り転職であれば、仕事の内容はもちろん社内の雰囲気や人間関係などを理解しているはずなので、新しい職場への転職よりも入社後のギャップは少ないといえるでしょう。

転職3兄弟
転職3兄弟

新しい環境や人間関係を築くのが苦手な人にとって、職場に馴染みやすい点は大きなメリットになるはず!

④他社での実績・スキルを活かせる

一度退職した後に他社で働いていた場合、そこで身につけた経験やスキルを活かせる点も出戻り転職のメリットといえます。

別の会社で得た知見から、企業の課題解決や業績アップ、新たな企画提案などをおこなえる人材として評価される可能性があります。
そのため、出戻り転職が自身のキャリアアップにつながることもあるでしょう。

出戻り転職する3つのデメリットとは?

出戻り転職には、デメリットもあります。以下で詳しく解説していきます。

  • 役職や待遇など雇用条件が同じとは限らない
  • 同じ理由で再度退職してしまう可能性がある
  • 温かく歓迎してもらえるとは限らない

①役職や待遇など雇用条件が同じとは限らない

出戻り転職だからといって、以前と同じポジションの役職や給与などの待遇が与えられるとは限りません。

在籍していた頃の評価や他社で身につけた経験やスキルが評価されて良い条件で採用されるケースもありますが、以前より下がる可能性も大いにあります。
入社してから不満が募ってしまうことのないように、出戻り転職を決める前に雇用条件については漏れなく確認しておきましょう

転職3兄弟
転職3兄弟

ペナルティとかではなく、以前自分がいたポジションには既に新しい人が就任しているなど、人事上の都合で下がってしまうケースがよくあるぞ。

②同じ理由で再度退職してしまう可能性がある

出戻り転職では、以前退職に至った理由をしっかり振り返っておくことが重要です。

条件面や人間関係など理由は人それぞれでしょうが、辞めた原因が解消されていなければ再入社しても同じ問題に直面してしまう可能性があります。

とくに、人間関係における問題や長時間の残業など、心身の健康に影響するようなことが原因で退職した場合は、問題が改善されているのか見極めて慎重に判断するのがおすすめです。

転職3兄弟
転職3兄弟

再入社を決める前に、面接の場で確認したり元上司や元同僚に相談してみよう!

③温かく歓迎してもらえるとは限らない

以前働いていた職場だとしても、社員全員が温かく迎え入れてくれるとは限りません。

「一度辞めたのに戻って来るのか…」と、中には出戻りに対して嫌悪感を抱く人がいる可能性もあります。

在籍していた頃とは雰囲気が変わっていたり、部下だった社員が上司になったりすることもあるでしょう。
以前のイメージ通りとは限らないということを心得て、出戻り転職の際は改めて人間関係を構築していく必要があります

出戻り転職して成功しやすい人の特徴

出戻り転職には、向いている人と向いていない人がいます。

ここでは、出戻り転職に成功し活躍しやすい人の特徴を3つ紹介します。

  • 在籍時の実績があり評価されていた人
  • 辞めるときは円満退職だった人
  • 退職後も上司や同僚との人間関係が良好な人

在籍時の実績があり評価されていた人

以前働いていたときに目に見える実績を残していたり、会社に貢献していたりした人は出戻り転職が成功する可能性が高いでしょう。

信頼と実績がある人材が退社してしまうのは、会社にとって痛手だったはずです。そんな人材が社員として戻ってきてくれるとなると、歓迎されやすくなります。
また、一度辞めた後に勤めた会社で実績を残していれば、そこが評価されてさらなる信頼につながるケースもあります。

転職3兄弟
転職3兄弟

仕事の進め方や、人柄そのものが評価されていたかどうかも重要だぞ!

辞めるときに円満退職だった人

理由を問わず「退職」は、マイナスイメージがつきやすいものです。だからこそ、退職時に円満に退社できたかどうかは、出戻り転職の成功の鍵となります。

引き継ぎが完璧におこなわれていたり、迷惑をかけることなく辞めていたりすれば、出戻りに対して前向きに捉えられやすいです。

円満退職ができているというだけで、再入社した際も人間関係を良好に保ちやすく、馴染みやすくなるでしょう。

そのため、出戻り転職するときには、退職理由やトラブルがなかったかどうかなどをよく振り返っておきましょう。

退職後も上司や同僚との人間関係が良好な人

円満退職であることと同時に、退職後も元上司や元同僚とよく連絡を取り合っていたり食事に行ったりと、交流が続いている場合は出戻り転職しても職場に馴染みやすく、成功しやすいといえます。

出戻り転職を検討している段階で相談することも可能ですし、場合によっては口添えによって採用に有利に働く可能性もあるでしょう。

連絡を取り合っていると、現場の状況をリアルタイムで知ることも容易いため、人材不足など適切なタイミングで出戻りしやすくなることもあります。

転職3兄弟
転職3兄弟

退職した後も、人間関係は大切にしておくことが大切だね!

出戻り転職して失敗しやすい人の特徴

反対に、出戻り転職に失敗し後悔してしまいやすい人の特徴は以下の3つです。

出戻り転職を検討しているけれど、以下の特徴に当てはまる人は注意しましょう。

  • 円満退職していない人
  • 在籍時に人間関係や仕事上でトラブルがあった人
  • 勤続年数が短かった人

円満退職していない人

前述したように、出戻り転職の成功には前提として「円満退職」は欠かせません。そのため、円満退職できていない場合は出戻り転職は難しくなります。

仮に再入社できたとしても、退職時のしこりが残っていたり周りからの視線が冷たかったりする可能性があります。

働きづらく、結局退社する選択肢を取る羽目になってしまうケースもあるでしょう。

退職の際にトラブルを起こしてしまっている場合は、出戻りを諦めて新たな転職先を探した方がよいかもしれません。

転職3兄弟
転職3兄弟

出戻り転職でなく他社への転職であっても、円満退職できなかったことは不利に働きやすいから要注意!

在籍時に人間関係や仕事上でトラブルがあった人

以前在籍していたときに、以下のようなトラブルや問題があった人は出戻り転職が失敗しやすい傾向にあります。

  • 遅刻や欠席を繰り返していた
  • 勤務中の態度が悪かった
  • 就業規定に違反したことがある
  • 喧嘩やハラスメントなどの問題を起こした
  • 引き継ぎなどせず突然退職した

他社で実績やスキルを積んでいたとしても、問題行動を起こす可能性のある人物をあえて採用するメリットは企業側にはないため、そもそも落とされてしまう可能性が高いのです。

たとえ再入社できたとしても、人間関係の構築に苦戦したり結局早期退職せざるを得なくなったりしてしまうこともあります。

転職3兄弟
転職3兄弟

元々一緒に働いていた社員からのネガティブな意見によって、採用を見送られてしまうケースも…!

勤続年数が短かった人

出戻り転職を積極的に受け入れる企業は「即戦力が欲しい」という理由が大きいため、短期間しか働かず辞めてしまった人を再雇用するのはハードルが高いといえます。

勤続年数が短いと、求められるスキルや経験が十分に備わっていない可能性があり、貢献度も低いと判断されかねません。

また「今回もすぐに辞めてしまうのでは?」と懸念され、不採用となってしまうケースもあります。
このように、勤続年数が短い場合はマイナスイメージがつきやすいので、出戻り転職に失敗しやすいといえます。

転職3兄弟
転職3兄弟

企業はすぐ辞めてしまう人よりも、できるだけ長く働いてくれる人材を求めているぞ!

まとめ

近年増えている「出戻り転職」ですが、以前働いていた経験があるからといって決して簡単なものではありません。

出戻り転職には、メリットだけでなくデメリットもあることをよく理解した上で慎重に検討しましょう。

また、出戻り転職を成功させるためには、円満退職していることや良好な人間関係を築けていることが重要です。

出戻り転職を検討している人は、自身の退職時や在職時をしっかり振り返ってみてくださいね。

転職3兄弟
転職3兄弟

↓↓ 公式LINEにて無料で転職相談受付中! ↓↓

無料転職相談
公式LINEにて非公開求人配信中!