転職情報と求人情報の嘘と違法性についての完全ガイド

転職

転職市場は情報が氾濫しており、正確で信頼性のある情報を見分けることが非常に重要です。

現にGoogleの検索窓に求人情報と打ち込むと、『求人情報 嘘ばっか』と予測変換が出てくるほどです。それだけ嘘の情報だと感じている方が現状多いのが事実ということです。

この記事では、転職情報や求人情報における一般的な誤解、虚偽の情報、それに伴う違法性の問題について詳しく解説し、読者が信頼できる情報源を見極めるための知識を提供します。

あなた自身を守るための知識として、完全に覚えておく必要はありませんが、知識として一読してもらえると幸いです。

誇大広告の見極め

転職活動において、虚偽の情報や誤解を生じやすい状況は数多く存在します。ここでは、よくある誤解とその具体例を挙げます。

1. 給与に関する誇大広告

求人広告に「年収800万円可能」と記載されているが、実際にはこれには高度な成果を上げた場合のボーナスや手当が含まれており、基本給はそれよりずっと低い。

2. 職務内容の誤解

求人で「革新的なプロジェクトに携われる」と謳われていたが、実際には日常的なルーティンワークが中心で、革新的な仕事はごく一部に限られている。

3. 昇進・昇格の虚偽の約束

求人情報に「1年以内の昇進が可能」とあるが、実際には社内の競争が激しく、昇進はほとんどの従業員にとって非現実的。

4. 企業文化の誤った描写

広告では「フラットでオープンな社風」と強調されているが、実際には上下関係が厳格で、意見を言いづらい環境がある。

これらの例は、転職市場におけるよくある誤解や虚偽の情報を示しています。
転職者はこれらの情報を慎重に分析し、企業に直接問い合わせることで、より正確な情報を得る必要があります。虚偽の情報に惑わされず、現実的な観点から転職先を評価することが、成功への鍵となります。

転職活動における重要な考え方として、企業と求職者は常に対等な立ち位置にあり、求職者側も企業を選ぶ立場にあるということを忘れてはなりません。

求人情報の正しい読み解きかた

企業研究の重要性

企業のウェブサイトや年報、SNS、業界のニュースなどを活用して、企業に関する詳細な情報を収集します。企業文化、財務状況、業界での位置づけなど、幅広い情報を基に判断することが大切です。

求人広告を掲載している企業は必ずと言ってよいほどコーポレートサイトが存在しますので、求人情報だけではなく、企業のHPをしっかりと閲覧し、求人情報と大きく乖離のある社風や業種ではないかを確かめることが重要です。

求人広告の分析

求人広告の内容を慎重に分析し、具体的な職務内容、必要なスキル、労働条件などを理解します。不明確な点や疑問に思う部分は、直接企業に問い合わせることも重要です。

同じ業界の他社として比較して、相場感よりも大幅に給料が高い場合や、明らかに昇進のスピードが速いなどの場合は、一度企業に問い合わせてみると良いでしょう。

情報源の信頼性評価

情報の出所を常にチェックし、その情報源が信頼できるかどうかを評価します。
公式な情報源、業界の専門家、実際の従業員の声など、複数の信頼できる情報源から得た情報を比較検討することが重要です。

第三者が記載できるレビューサイトなどもありますので、気になる企業の求人はそういったものも活用していきましょう!

求人情報の虚偽の違法性とその対策

違法な求人の識別

労働法に基づく権利を侵害する求人や、不当な条件を提示する求人には注意が必要です。
例えば、過度な残業要求、不明瞭な給与体系、差別的な採用基準などがこれにあたります。これらは違法であり、こういった求人を掲載している企業への応募は避けるべきです。

労働基準法では一か月間で出来る残業時間などは定められており、それ以上の労働を要求することは企業側は出来ない法律になっています。
違法な条件や疑わしい内容が含まれる場合は、労働局や労働相談センターに相談することをお勧めします。

法的な知識の習得

労働法に関する基本的な知識を持つことは、自分の権利を守る上で非常に重要です。
具体的には、労働基準法、平等雇用機会法、個人情報保護法などの知識を身につけることが推奨されます。

これらの法律は、労働者の権利と義務、雇用者の責任などを定めており、これらを理解することで、不当な扱いや違法な条件に対して適切に対応することができます。法律に関する書籍やオンラインリソース、セミナーなどを利用して知識を得ることが有効です。

YouTubeなどでも手軽にこういった法律に関する知識は得られるので、調べてみることをお勧めします。

相談窓口の活用

違法な求人や職場での問題に直面した場合、専門家や公的な相談窓口への相談が重要です。
労働局や労働相談センターは、労働に関する問題に対する無料の相談サービスを提供しており、法的なアドバイスや問題解決の支援を受けることができます。

また、弁護士や労働問題に詳しい専門家に相談することで、具体的な対処法や法的な手続きについてのアドバイスを得ることが可能です。これらの相談窓口を積極的に利用することで、自分の権利を守り、問題を適切に解決することができます。

実際は虚偽というより錯誤のケースが多い?

求人媒体の情報

求人情報は多くの求人媒体に掲載される段階で違法性のあるものは審査ではじかれてしまい、求人系が出来ない仕組みになっています。

そのため、大手求人媒体などに掲載されている情報で法律的に違法になるものは少ないと言えるでしょう。
しかし、そこまで整備の整っていないサイトなどでは注意が必要になります。

虚偽というより錯誤?

企業側も虚偽の掲載をした結果、せっかく採用した従業員が早期離職してしまっては時間とコストの無駄になってしまいますので、基本的にはわざと虚偽の内容を掲載しているケースは少ないと思います。

そのため、多くの場合は面接時の会話の中での認識相違や入社時の手続き書類の不足によるトラブルになります。

ここで重要になることは、不明な点や気になる点があった際には必ず質問をするということです。

お互いが納得しあったうえで今後の話を進めていくのが転職になりますので、不明点などがあった際には担当の方に確認し、それでも解決しない場合は私たちのような専門家や相談窓口に相談するようにしましょう!

まとめ

転職時に参考になる求人情報には、さまざまな誤解を生む内容や虚偽説明、時には違法な内容が含まれることがあります。このガイドを参考に、求人情報を正確に理解し、自分にとって最適な転職先を見極めるための対策を講じていきましょう。

求人情報の詳細な分析、法的な知識の習得、そして問題発生時の適切な対応が、転職活動における成功への鍵です。

とはいえ、求人情報だけを見ても始まらないという部分もありますので、気になる企業には積極的に面談の機会を申込、その場で質問などを行うことがおすすめです。

無料転職相談
公式LINEにて非公開求人配信中!