転職時の給料上がる?下がる?
転職時の給料の考え方と事例を徹底解説

転職

転職を考えている多くの方にとって、次の会社でもらえるお給料は重要な検討事項の一つです。

「転職すれば給料は上がるのか、それとも下がるのか?」
この疑問は、特に初めて転職を経験することの多い、20代半ばから20代後半の方々にとって、切実なものです。

本記事では、転職時の給料変動について、具体的なケーススタディを交えながら解説し、転職を検討している皆さんがどのように考え、準備すべきかについてご案内します。

転職時に給料が上がるケース

転職時に給料が上がる主な理由は、スキルや経験の向上、職種の変更、または企業規模の変化によるものなどがあげられます。

特に、需要の高いスキルセットや専門知識を持つ人材は、転職市場で高く評価される傾向にあります。
また、より大きな企業や、給料の高い職種への転職は、給料アップに直結することが多いです。

事例1:スキルアップによる給与アップ

Aさんは、初めての職場で基本的なプログラミングとウェブ開発の業務に関わり、一般的なスキルを習得しました。

彼はこの技術を活かすことを考え、データ分析の分野に興味を持ち、自主的に関連するコースとトレーニングを受けました。

新しい職場では、データ分析を用いてビジネスの方向性を左右する重要な役割を果たし、前職に比べて給料が増加しました。

Aさんのケースでは、市場で需要の高いスキルを身に付けたことが、直接的な給料アップにつながりました。

事例2:職種変更に伴う給与増加/教育業界から人事管理への転職

Bさんは元々教育業界で働いていましたが、キャリアの多様化を求めて人事管理の分野への転職を決意しました。

彼女は、自身の教育経験を生かしつつ、人事とタレントマネジメントに関する追加の専門知識を積極的に学びました。その結果、大手企業の人事部門に採用されることができました。

この転職では、Bさんの給料は前職より30%増加しました。この給料アップは、彼女が新たに習得した人事管理のスキルが高く評価された結果です。

また、大手企業の人事部門では、彼女の教育業界での経験が新しい視点をもたらし、組織内でのタレントマネジメントに新たなアプローチを提供することができました。

事例3:企業規模の変更に伴う給料の増加

Cさんは中小企業でマーケティングマネージャーとして働いていましたが、さらなるキャリア成長を目指して大手企業に転職しました。

彼は中小企業での経験を活かし、大手企業の広範なプロジェクトで重要な責任を担うことになります。
この転職により、Cさんの給料は35%増加し、彼はより多くの予算の中で仕事をする機会を得て、自身の経験を活用することができるようになりました。

前職での彼のスキルと経験が高く評価され、それが給料アップに大きく寄与しました。

転職時に給料が下がるケース

事例1:キャリアチェンジによる初期の給与減少

Dさんは、ソフトウェアエンジニアとして働いていましたが、マーケティングへの強い関心を持ち、その分野への転職を決意しました。

彼は独学でマーケティングのスキルを身につけ、小さなスタートアップ企業でマーケティングのポジションを得ました。初期の段階で、Dさんの給料は前職に比べて20%減少しましたが、彼はこれを新しいキャリアパスへの投資と捉え、将来的な成長と高い報酬を目指しています。

彼のケースは、キャリアチェンジが短期的には給料減少を引き起こすものの、長期的なキャリアの充実を達成するためのステップであることを示しています。

事例2:地域や業種による給料の減少

Eさんは都市部の大企業で働いていましたが、よりのんびりとした生活を求めて地方へ移住し、地元の中小企業に転職しました。

この転職により、彼女の給料は減少しましたが、生活費も都内での生活に比べて大幅に下がったため、実質的な生活の質は向上しました。

Eさんのケースは、地域による給料の違いと生活コストのバランスを考慮した転職の一例であり、給料減少が必ずしも生活の質の低下を意味しないことを示しています。

事例3:ワークライフバランスを優先した結果の給与減少

Fさんは販売業で働いていましたが、過度のストレスと長時間労働に悩まされていました。

彼はワークライフバランスを重視し、フリーランスのコンサルタントとして独立しました。この決断により、当初の給料は30%減少しましたが、彼はより柔軟な時間管理とストレスの少ない仕事環境を得ることができました。

Fさんのケースは、給料よりも個人の幸福と健康を優先する転職が、長期的なキャリアと生活の満足度向上に寄与することを示しています。

フリーランスのコンサルタントとして独立できるかは別として、重要な考え方です。

給料が決まる要因:社会的状況の解説

転職時の給料は、個人のスキルや経験だけでなく、業界の需要、企業の規模、地域の経済状況、職種の市場価値など、多くの要因によって影響を受けます。

例えば、テクノロジー業界では特定の技術スキルが高い需要にあり、それに対する報酬も高くなりがちです。一方、地方の組織や非営利組織では、社会的な貢献度が高いものの、給料が都市部の企業より低いことが一般的です。

また、個人の価値観やキャリアに対する目標も、給料の決定に影響を与える要素です。

キャリアの初期段階では、専門知識や経験を積むことに重点を置き、その結果として将来的に高い報酬を得ることを目指すことも一つの戦略です。一方で、ワークライフバランスを重視し、より柔軟な労働条件を求める場合は、初期の給料減少を受け入れることが必要かもしれません。

まとめ

転職時の給料変動を理解することは、キャリア選択において重要な要素です。
給料は、個人のスキルや経験、職種、業界、地域など多くの要因によって決まります。
結論、転職によって給料が上がることもあるし、下がることもある。ということです。

しかし、そこには理由が存在し、重要なのは給料だけでなく、自分のキャリア目標や生活の質、働き方の好みを総合的に考慮することです。

この記事が、転職を考える皆さんにとって有益な洞察を提供し、より良いキャリア決定の助けとなることを願っています。

無料転職相談
公式LINEにて非公開求人配信中!