営業職はきつい!?楽しい!?
向いている人の特徴を徹底解説!

転職

転職を考える20代の皆さん、特に年収アップを目指しているあなたにとって、営業職という選択肢は魅力的に映るかもしれません。

しかし、営業職には「きつい」というイメージもあれば、「楽しい」と感じる人もいます。

この記事では、営業職のリアルな魅力と課題をきつい面、楽しい面それぞれから解説し、どんな人が営業職に向いているのか、さらには年収を上げるためのポイントまで、徹底的に解説していきます。

営業職の楽しい側面

まずは、営業職の楽しい側面について解説していきましょう!

営業職の楽しい側面① 成功体験や達成感を味わうことができる

営業職が楽しいと感じる魅力の一つは、目標達成や契約獲得時に味わえる成功体験と達成感が大きいです。
目標に向かって努力し、それが実を結び顧客からの「お願いします」という言葉を引き出せた瞬間は、営業職特有の大きな喜びとなります。
これらの瞬間は、「がんばってよかったな!」と、次への活力を与えてくれます。

目標を達成したときの達成感は、日々の営業活動で直面する困難を乗り越える大きなモチベーションとなるのです。
また、目標達成に対してインセンティブという形で、自分のお給料に反映される企業も少なくないので、より現実的に自分の努力を結果で感じることができ、ここに楽しさを感じる人も多いでしょう。

営業職の楽しい側面② 新しい人との出会いや人間関係の構築

営業職では、多種多様な人々と出会い、深い関係を築く機会が豊富にあります。
顧客だけでなく、業界関係者とのネットワークを広げることも重要で、これらの人間関係が将来のキャリアに大きな影響を与えることも珍しくありません。

「取引先の企業さんに転職が決まりました」という話も割とよくある話です。
人と接することが好きで、人間関係を大切にできる人にとって、営業職は新しい出会いに満ちていて、充実した日々を送ることができる職種です。
顧客との信頼関係を築く過程で得られる満足感は、営業職ならではの楽しみの一つといえます!

営業職の楽しい側面③ スキルアップの実感と次のキャリアへの成長

営業職は、交渉力やプレゼンテーション能力、市場理解といった様々なスキルを磨く必要があります。仕事をしていく中でこれらのスキルは、自然と身につけることができ、キャリアの成長に直結します。

また、顧客とのやり取りの中で得た知見は、ビジネス全般の理解を深めるのに役立ち、長期的な視点でのキャリアプランを築いていく事にも有効です。
営業職で培ったスキルは、将来的に他の職種に転職する際にも大きな強みとなり、キャリアの選択肢を広げることができます。

営業職のきつい側面

続いて、営業職のきつい部分についても触れていきます。

営業職のきつい側面① 成果へのプレッシャーとストレス

営業職がきついと感じる最大要因は、間違いなく営業目標の達成に関するプレッシャーと、断られ続けることからくるストレスです。

毎月の目標や、四半期ごとに設定される営業目標は、達成するための高いハードルとなり得ます。
目標に達しない月が続くと、そのプレッシャーは精神的な負担となり、ストレスを感じやすくなります。

また、営業活動の性質上、断られることは日常茶飯事ですが、そのたびに感じる失望感や挫折感は、長期にわたると心身の健康に影響を与えかねません。
このプレッシャーとストレスの中で仕事をすることが、営業職がきついと言われる一番の要因です。

営業職のきつい側面② 不規則な勤務時間と働き方

営業職は、顧客のスケジュールに自分の都合を合わせる必要があるため、勤務時間が不規則になりがちです。

顧客訪問や商談での長時間労働は日常的であり、場合によっては週末や夜間に業務を行うことも少なくありません。
日中は顧客との商談や移動に忙しく、事前調査や資料作成は残業や早朝に行うなども、よくある話です。

このような働き方は、私生活とのバランスを取りにくくするだけでなく、体力的、精神的な疲労を蓄積させる原因ともなります。
不規則な勤務時間は、時間管理や生活リズムの維持にも影響を及ぼし、営業職特有の負担となります。

営業職のきつい側面③ 継続的な自己管理と自己モチベーションの維持

前述のように営業職では、心身ともにストレスのかかる職種です。
目標に向かって自らを奮い立たせ、積極的に行動する自己駆動力が求められます。

これには、時間管理、健康管理、精神的なバランスの維持が含まれ、これらを維持することが必要です。
営業成績が直接自己評価に影響するため、常に高いモチベーションを保つことは、営業職の大きなプレッシャーとなります。
自己管理と自己モチベーションを継続的に維持することは、営業職で成功するための重要な要素であり、同時に営業職のきつい側面とも言えます。

営業職に向いている人の特徴3選

営業職における楽しい側面、きつい側面、それぞれについて深掘りしてきましたが、ではどのような人が、営業職に向いているのでしょうか?
営業職に向いている人の特徴を3つ厳選してみました!

営業職に向いている人の特徴① コミュニケーション能力に自信がある人

営業職にとって、コミュニケーション能力は重要な要素となります。
これは、ただ話す技術だけではなく、顧客のニーズを理解し、それに応えるためのスキル、そして時には説得技術も含まれます。

営業職に向いている人は、顧客との信頼関係を構築できるだけの高いコミュニケーション能力を持っている人といえるでしょう。
高いコミュニケーション能力を持っていれば、顧客の潜在的な問題を特定し、その解決策を提案することができます。
信頼関係は営業の成果に直結するため、この能力は非常に価値が高いと言えます。

営業職に向いている人の特徴② 粘り強さと切替の速さがある人

営業職は、断られることが日常茶飯事です。
しかし、そのたびに落ち込んでいては前に進むことはできません。

営業職に向いている人は、断られてもめげず、落ち込んでもすぐに立ち直ることができる粘り強さと回復力を持っています。
この心の強さがあれば、一時的な失敗を乗り越え、長期的な成功へとつなげることができます。
この回復力は、厳しい営業の現場で活躍するために不可欠な資質です。

切替の速さというのは一つの才能で、「図太さ」や「楽観的」な要素も必要といえるでしょう!

営業職に向いている人の特徴③ 目標を持っていてそこに向かって自分を管理できる人

営業職には、自ら目標を設定し、それを達成するために計画的に行動できる能力が求められます。
自己管理能力が高い人は、時間を効率的に使い、自分自身に課された営業目標に向かって着実に進むことができます。

また、目標を達成するためには、日々の活動を自ら管理し、必要に応じて戦略を調整する柔軟性も重要です。
目標志向性が高く、自己管理ができる人は、営業職で高い成果を出すことができるでしょう。

まとめ

営業職は、達成感や新しい人との出会い、スキルアップの機会といった独特の魅力を持ちながらも、プレッシャーや不規則な勤務時間、継続的な自己管理の必要性といった挑戦を伴います。

この記事では、営業職がもたらす「楽しい側面」と「きつい側面」を解説しました。
営業職への転職を考えている方は、年収を上げるチャンスである一方、未経験から挑戦するには痛みを伴う部分があります。

自分自身の自己分析を深め、メリットデメリットを吟味したうえで営業職が自分に合っているかどうかを見極めることが重要です!

無料転職相談
公式LINEにて非公開求人配信中!